こんにちは!
休みの日は大抵曇りか雨どうも!キーボードマウス担当Mです(*・ω・)ノ


みなさんパソコンの起動や作業中の動作が遅くてストレスためていませんか?

パソコンを長年使っていると様々な原因で動作がだんだんと重たくなってくることはよくあります。
しかし最近急激に重たくなった!数日前までは普通だったのに急に起動にとんでもなく時間がかかるようになった!作業中に画面が頻繁に固まる!という場合は注意が必要です。
そんな症状の場合はもしかしたらハードディスクにエラーが発生しているかもしれません。

ハードディスクのエラーを放置してそのまま騙し騙し使っていると、症状が悪化して最悪の場合パソコンが起動しない!さらにはハードディスクのデータが全く読み取れない!といったことに繋がる可能性もあります。

仕事の大事なデータや思い出の写真などが詰まったハードディスクが壊れてしまったら大変です。
状態によってはデータを復旧させるためにとても高額な費用がかかってしまう場合もあります。

そんなことを防ぐために、パソコンに異常を感じたらまずはハードディスクがおかしくなっていないかを疑って状態をチェックしてみましょう!

そこで役に立つのがフリーソフトのCrystalDiskInfoです。
ハードディスクにはその部品自体に使用時間や電源投入回数、エラーの発生率など様々な情報が記憶されており、これらをS.M.A.R.T.情報(スマート)と呼びます。
このS.M.A.R.T.情報をWindows上で手軽に見れるようにしたものがCrystalDiskInfoです。


こちらがソフトをインストールして起動した画面です。
(可愛らしいキャラクターが表示されていますが、シンプルなデザインの通常版もありますのでご安心ください)
私のパソコンはハードディスクが2台搭載されているためC:とE:にタブが分かれています。
内蔵のハードディスクだけでなく、USB接続の外付けハードディスクの状態も見ることができます。
BlogPaint


健康状態:「正常」と表示されています。
この状態であれば問題ありません。

画面下半分の項目にはより詳しい情報が表示されています。
BlogPaint


ハードディスクによって表示項目に違いはありますが、この中でも主に以下の項目の状態が悪くないかチェックするといいと思います。
・代替処理済みのセクタ数
・代替処理保留中のセクタ数
・修復不可能セクタ数

各項目の状態が悪化するにつれて「現在値」の数値が減少していき、「しきい値」に近づくほど重症といった感じです。

ご自身のパソコンのハードディスクの状態をチェックしてみて、上記項目の状態が悪く健康状態が「注意」や「異常」となっている場合はハードディスクに何かしらのエラーが出ている可能性があります。(厳密には「注意」の場合でも問題がないこともありますが今回は省きます)
異常を見つけたらなるべく早くバックアップを取ったり、ハードディスクを交換することをお勧めします。
また、パソコンの動作に異常が無くても日ごろからハードディスクの健康状態をチェックする癖を付けることで突然の事故を防ぐことにも繋がります。
(ちなみにSSDはなんの予兆もなく突然死する傾向があるので小まめにバックアップを取っておくことをお勧めします。)
我々人間と同じようにパソコンも定期的に健康診断を行って、病気の早期発見に努めましょう!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

パワーデポ八戸店ではパソコン診断やデータバックアップ、ハードディスク交換等も行っておりますのでお困りの際はぜひご相談ください!



お知らせ
パワーデポ八戸店のインスタグラムアカウントが出来ました!
こちらにアクセスするか、インスタIDpowerdepot8で検索してみてね!