こんにちは、はちデポです。

本日ご紹介するのは「非一体型」のデスクトップパソコンです。
近年、大手メーカー製のデスクトップパソコンは画面とPC本体が合体した「一体型」パソコンばかり。
一体型は場所を取らないとか、移動しやすいなどのメリットがある反面、デメリットも多いもの。

【一体型のデメリット】
・画面だけの故障だけでも全部メーカー修理行き
・PC部分の故障でも全部メーカー修理行き
・画面だけ買い換えたくても無理
・パソコンの性能を上げたくても無理
・テレビ機能付など多機能であればあるほど、どこか一箇所故障して修理に出すと
 テレビ・音楽プレーヤー・インターネットなど、あらゆる機能を失う。
etc.

ちょっと挙げただけでも「一体型は不自由な事が多い」のです。
「これ一台あれば、何でもできて便利♪」というのは正常に動作している時だけで、
いざ故障してしまうと「色々兼ねている分、色々失うものです」

・画面は使えるから故障したPC本体だけ買い換えたい
・PC本体はそのままで画面を大きくしたい
・DVDドライブが壊れたが、市販品で安く早く交換したい

万が一に備えると、画面とPC本体が分離しているほうがつぶしが利くものです。
そこでいつも登場するのが我がパワーデポオリジナルパソコンings(イングス)なのですが、
本日は最近珍しい大手メーカー製の非一体型パソコンセットです。

FMVD53GY富士通 ESPRIMO DH53/G
FMVD53GY
2012年春モデル 発売日:2012年1月26日

店頭価格:59,800円(税込)

今年の春モデルがお買い得価格で入荷しております。
アウトレット品ですが、当然保証はまるっと付いております。未開封新品で在庫がございます。

 このパソコンはなんといってもMicrosoft Office2010 Personal(Word/Excel/Outlook)が付属していて59,800円という価格が魅力です。そしてCPUがCore i3-2120ですから、Celeronを搭載した激安パソコンよりはワンランク上のパソコンと言えます。画面の大きさも20型ですから、ノートパソコンを買うよりは大きく見やすい画面です。
 そして画面とPC本体が分離しているタイプですので、万が一画面だけ故障したら画面だけの買い替え、PC本体が故障したらPC本体だけの買い替えが可能なのです。故障の心配をして買うものではないかもしれませんが、多くの修理経験から「一体型が故障したらまるっと買い替え」というパターンを多く目にしてきました。デスクトップ型は分離しているほうが「つぶしが利きます」

持ち歩きを考えなければ、
 下手なノートパソコンを買うよりも使いやすくて快適だと思います


インターネットが出来て、Word/Excelが付いていて、画面が大きくて使いやすいパソコンをお探しの方、
是非、この週末はパワーデポ八戸店でこのパソコンをチェックしてみてください。

ではでは。